インプラントの決断

インプラント治療の期間

トップ / インプラント治療の期間

歯科モニターに関する情報

インプラントの適切な治療期間

抜歯をしてからインプラント治療までの期間はどれくらいが適切なのか、ご存じですか。実は、この期間、6ヶ月以内が適切だと言われています。それは、抜いたところに隙間ができているために、他の歯の歯並びが変わってしまうかもしれないからです。なくなってしまった歯の隙間はできるだけ早く埋めた方が歯並びもいいですし、何より、インプラントが入る隙間がなくなってしったら治療さえ難しくなります。このタイミングを逃さないよう、早めの治療を行ってくださいね。

インプラントのタイミングが大事

歯を失ってから、インプラント治療を行うのか、入れ歯をするのか、ブリッジをするのかで迷った方は多いと思います。迷ってしまいますが、決断はできるだけ早くした方がいいでしょう。今まであった歯がなくなると、その両端の歯に加わっていた力が抜けるので、その隙間を埋めるように歯が動いてしまいます。インプラントをするなら、抜歯をしてから6ヶ月の間に治療が行われるのが理想だと言われています。このタイミングを逃さないようにしましょう。

神奈川の横浜エリアで専門医の施術を|ライオンインプラントセンター
implantcenter.ne.jp/