別の歯科を受信する

複数の歯科を受診する

トップ / 複数の歯科を受診する

歯科モニターに関する情報

歯科のセカンドオピニオン

今やコンビニよりも多いといわれることもある歯科の数ですが、それだけにどこに通うかというのは悩みどころです。虫歯治療や矯正などは一回きりで終わらないため長く通わなければなりません。ですので信頼の出来るお医者さんを見つけたいと誰もが思うものですが、そうしたことは外の看板を眺めていても分かりません。ですが歯の問題はそれこそ一生ものです。積極的にセカンドオピニオンを利用し、自分に合った歯科、自分に合った治療法を時間がかかっても納得いくまで探して、虫歯や歯周病といったものとは無縁のベストな状態を目指しましょう。

セカンドオピニオンの重要性

歯科を受診し、医師の説明や治療方法、診断に不安や疑問がある場合は、積極的にセカンドオピニオンを活用した方が良いです。なぜなら、多角的な視点から自分の歯の現状を知る事ができるからです。日本の場合、最初に受診した医師との関係やかかりつけ医との関係が悪くなると患者が考え、なかなかそれを行う人は少なくないです。多くの患者が疑問や不安等があっても自分の言葉で表現せず、現在治療を受けている医師の説明や治療を受け入れています。立場上、患者から医師にセカンドオピニオンを申し出る事は難しいです。歯科医がそれを容易にできるようにする工夫が必要です。